HOME > 中間処理施設

中間処理施設

関東支店の中間処理施設は、破砕及び圧縮梱包による減容を行っております。破砕することで減容し、圧縮梱包で1m四方の立方体に締め固め、廃棄物を保管し易く、また運搬に適した荷姿にすることができます。
関東支店で処理可能な廃棄物は、廃プラスチック類、紙くず、木くず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くずです。
廃プラスチック類及び紙くずは、マテリアルリサイクル、サーマルリサイクル、埋立等の用途別に分別いたします。マテリアルリサイクルが可能な廃棄物は破砕処理を行い、サーマル及び埋立等は破砕・圧縮梱包し減容及び締め固めを行います。これら以外の廃棄物は、破砕しその性状により販売や外部への委託処理を行います。
破砕・圧縮梱包された廃棄物は比重0.4~0.6程になり、大型車の最大積載量、また積載容量を最大限まで活用することができ、運搬コストの大幅な削減が可能となっております。
関東支店は常磐自動車道柏ICから5分の立地を活かし、自社及び一般物流を使った効率的な運搬を実現することで、広域的な循環型社会を目指しております。

中間処理施設

許可

産業廃棄物処理業許可 第 1120008236 号
一般廃棄物処理施設設置許可 第 12-3  号

許可品目及び処理能力

廃プラスチック類 破砕:67.2t/日
圧縮梱包:72.0t/日
一般廃棄物
産業廃棄物
紙くず 破砕:67.2t/日
圧縮梱包:84.0t/日
産業廃棄物
木くず 破砕:84.0t/日
金属くず 破砕:86.4t/日
ガラスくず及びコンクリートくず・陶磁器くず 破砕:93.6t/日
繊維くず 破砕:40.8t/日
圧縮梱包:86.4t/日

(稼動時間:24h/d)

その他

処理フロー

処理フロー
※画像をクリックすると拡大します。

  • 株式会社クリーンシステム 山形本社のご案内
  • 産廃情報ネットに参加しています
  • 産廃のあれこれQ&A
  • 環境への取り組み
  • CSR報告書
  • ISO14001取得
  • アンケート結果報告
  • 社団法人 千葉県産業廃棄物協会
  • 千葉県公式サイト
  • 千葉県柏市公式サイト

ページのトップへ