HOME > 事業案内 > 廃棄物リサイクル事業

廃棄物リサイクル事業

機能的かつ円滑的なリサイクルシステムの構築を目指しています

コンクリート・アスファルト等再生施設

  • コンクリート・アスファルト等再生施設01
  • コンクリート・アスファルト等再生施設02

解体工事及び土木工事現場等から排出される、「がれき類」(コンクリート塊、アスファルト塊)を再生処理する施設です。再生処理後は「再生砕石:RC-40(0~40mm)として生まれ変わり、公共・民間工事の各現場で利用されております。主に下層路盤材・基礎材・埋戻材として利用されております。

がれき類再資源化フロー

※画像をクリックすると拡大します。

混合廃棄物再生施設

  • 混合廃棄物再生施設01
  • 混合廃棄物再生施設02

各事業所から排出される混合廃棄物を受け入れた後、手選別により廃プラスチック類・金属くず・木くず・ガラスくず及び陶磁器くず・がれき類・繊維くず・紙くずを「選別」し廃棄物の再生を図ることを目的とした施設です。また、減容を目的とした破砕も行なっております。

混合廃棄物処理フロー

※画像をクリックすると拡大します。

木くず再生施設

  • 木くず再生施設01
  • 木くず再生施設02

各事業所から排出される「廃木材」を受入れ、重機及び手選別にて荒選別を行ったあと破砕し、チップ等の製品に再生する施設です。再生処理後は、良質な「原料チップ(ボード材)」、「燃料チップ(化石燃料代替品)」、「粉体チップ(肥料・敷ワラ材・水分調整剤)」の再生品に生まれ変わり、利用されております。

木くず再資源化フロー

※画像をクリックすると拡大します。

廃プラスチック類紙くず等再生施設

  • 廃プラスチック類紙くず等再生施設01
  • 廃プラスチック類紙くず等再生施設02

各事業所から排出される「廃プラスチック類」及び「紙くず」等を圧縮加工し良質な固形燃料(RPF)として利用されており、再製品化する施設です。

廃プラスチック類・紙くず・繊維くず再資源化フロー

※画像をクリックすると拡大します。

ページのトップへ